FC2ブログ
プロフィール

霄

Author:霄
女、成人
Twitter:@sooo_ra

since 2012.03.09
カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
PSYCHO-PASS SS case.1
待望のPSYCHO-PASS新作。
初日舞台挨拶の20:15回に当選したので行ってきました。
席位置もランダムだったのに前後も左右もど真ん中、めちゃくちゃいい席で見れたんですよ!やったね!
以下、続きに感想がありますが文章まとめる努力をせずに初見後の勢いで思ったことをだらだら書いてるので読みやすさなどかけらもないです。
もちろんネタばれもある
それを大前提によかったら続きをご覧ください。
あと舞台挨拶に関しては(映画の内容もですけど)聞きながらのメモ書きを何も残してなくて、映画見終わった後のおぼろげな記憶による感想だからニュアンスで読んでくださいね。


映画祭先行上映からネタばれ避け続けてた私もこれを投稿したら他の人の感想見に行けるぞ〜〜〜





・舞台挨拶
監督たちが入ってきた時点で泣きそうになる私。あ、本当にPP/SS今から見るんだって実感がぶわっと。
監督たちのお話中は終始笑ってた。まだ上映前だからね!
監督の初っ端挨拶「こんな夜更けにお越しいただいて〜………夜更け?」監督、20時はまだ夜更けじゃないです!(笑)
佐倉さんの締め挨拶「〜ありがとうございました!お気を付けて!………お気を付けて?上映前にお気を付けて?」佐倉さん(笑)まぁサイコパスシリーズ見る前には心の準備が必要だから気を付けてもあながち間違っちゃいないけど!
しかしなんだ、今日の舞台挨拶は1人ボケツッコミがテーマだったのかな?って感じで(笑)
舞台挨拶、上映前でよかったとも思うし、上映後だったら何を話してくれたんだろうとも思う。
けど見終わった後じゃ絶対監督たちの話に集中できなかったと思うから上映前挨拶でやっぱりよかったかもしれない。
あと報道陣営にドミネーター2丁持参してた人いたのすごい。あれは仕込みなのかガチファンでプライベート物なのか。

・OPリミックスかっこよかった
サントラ買おう

・舞台挨拶で言ってた「最初に仕込まれてるとんでもないあれ」とは
わからなかった…ムビチケがあるからもう1回は間違いなく見に行くんで注視したい…今日だって注視してたんだけど…な…最初というからにはOPだと思うんだけど文字も映像も情報多すぎてコマ送りさせてぇぇってなってた。振り返り映像の中に槙島さんいないかなって探したのは私だけじゃないはず。

・ギノ
終始かっこよくて。文句のつけようがない。かっこよかった。初っ端の車から美佳ちゃん庇う時に頭ちゃんとぎゅっと守ってあげるのとかね。すぐその後に庇う暇があるなら潜在犯確保!的なこと言われてたけど(笑)ギノはシリーズを経る度に株を上げてくるから困る。
キャラ変化による時間経過の描写に頭抱えさせられた。すごい。ギノの落ち着きっぷりに磨きがかかっていた。けどまだおじさんを自ら名乗らんでくれ…1係内じゃ年長組かもしれないけどまだおじさんじゃないだろギノ…って思ったけど、武弥君に容赦なくおじさん呼びされてて笑った。
…とこれ書きつつパンフぱらぱらしてたらそうかギノ32…須郷さんですら6歳も離れてるのか。そりゃ年長組じゃないや、年長者だ。自分のことをおじさんと言いたくもなる…だろうけど「じゃあ1歳しか違わない私はおばさんなわけぇ?」って志恩さんに怒られてほしい。ギノと対等に話す六合塚ちゃんや志恩さんに1期からの変わらなさを感じてホッとする。
ギノが武弥君に狡噛さんのことを親友と呼んで話すところは色々考えてしまう。パンフレット内の年表からすると劇場版後のSSなわけで。1度再会を経てからのあの心情の吐露なのか…1期では自分のことでいっぱいいっぱいだったろうに自らも執行官となり時を経て当時を振り返るとそこには後悔が残るの………
けど六合塚ちゃんに崖から手を引っ張りあげられる時に狡噛さんを重ねたのは、お、おまえもか…!!ってなった。ギノはもう少し吹っ切れてると思ってたんだけど武弥君との会話を見ても案外そうでもないのか。
その辺りのギノの思考背景をちゃんと知りたいからギノのノベライズ早く出してください。ずっと待ってるんだけどな…ノベライズシリーズトップバッターのはずだったのにどうしてこうなった…

・ギノの格闘シーンと義手
今回も炸裂ギノパンチ。ふふってなった。好き。
格闘素人なんでリアルと創作のボーダーラインは私個人の中でのものなんだけど、今回のギノの格闘シーンはなんかひゅんひゅんしててアニメだなぁ…って初見の印象。なんだろう、劇場版狡噛さんの重いスタイルとSSギノの軽いスタイルを比較するからそう感じるのかな。
けどプロ格闘家の方の実演参考だからあれに近い、もしかしたらイコールの動きをできる人がいるわけで、人間って創作かと思わせるほどの動きができるのかもしれない。すごい。
けどギノ、これだけは言わせてほしい、ヘリに押し付けられてたの、あれは、骨とか内臓とか諸々無事なの!?………ってつっこむのは野暮だろうか(笑)
あと義手すごい。あれを使いこなすギノもすごいけどあの義手作った人もとんでもないのでは。

・美佳ちゃん
私は2期美佳ちゃんにうざったさは感じつつも嫌悪はなくて、この先どうシビュラと折り合いつけて監視官続けるのかなって思ってたんだけど、SS美佳ちゃんすごかった。潜在犯=即処分なスタンスだった美佳ちゃんがあそこまで相手を見て動ける人になってる。辻飼さんが「潜在犯=ゴミ」みたいなことを言ってたけど昔の美佳ちゃんだったらむしろそれに近いスタンスだったろうにそれを否定して自らの意思による正義を…。潜在犯に対する意識態度が明らかに2期から変わっていて、月日が経つってすごいって思った。
潜在犯に対してもだけど身内の執行官に対しても毛嫌いする感じが薄れてたのがすごいなと思って、1係としてチームとして約3年動いてきた結果が見えて嬉しい。
朱ちゃんに「美佳ちゃん」って呼ばれてたのはびっくりした。

・ギノと美佳ちゃん
小説での2人の会話が好きだったんでそういう意味でも今回のSS1はとても楽しみにしてたんだけど、とても楽しかった。なんとなくこの2人はチームになることが多いのかなぁと思いつつ(監視官が経験値を持つ朱ちゃんチームと、執行官が経験値を持つ美佳ちゃんチームかなとか)、無駄のない会話で指示すべきこと・求められてることの疎通ができてて、互いが互いに監視官として執行官として経験積んで成長したんだなぁって。

・禾生局長と烏間さん
2人ともよく髪というかこめかみいじってたけど中身一緒だったのかなぁ

・能登
後半カットインする度にボッコボコにされてて申し訳ないけどかませ犬具合に笑ってしまった。ド、ドンマイ…(笑)

・ロジオン
彼はもう少し掘り下げを期待したんだけどなぁ!60分は短すぎる。元執行官って言ってたのも気になるし、辻飼さんに対して「俺をがっかりさせるな」的なこと呟いてたのもどんな立場や背景からなのか気になる。ドミネーターに撃たれずに自決を選ぶ潔さというか意思の持ちようが好き。

・潜在犯たちの防護服
服というかヘルメットというか…犯罪係数いじってるっぽいヘルメット………
1期で狡噛さんが志恩さんとこから持ち出したけどあれ以外にもシビュラ側の手に渡ったのあったのかな…そういう描写どっかであったっけ………なんて、どうひっくり返しても槙島さんとグソンが好きな人間なのでついつい思ってしまったのでした。
もしかしたら本当に犯罪係数99な潜在犯かもしれないから私の考えすぎかもしれないですし…?(潜在犯とは)

・決着
美佳ちゃんと烏間さんのやりとり。2期ではあんなにシビュラに押されて押されて押されまくってた美佳ちゃんが、SSでは烏間さんの中身がシビュラだとわかったうえでドミネーターを向けたことに感動した。無印劇場版では朱ちゃんがハン議長に、SSでは美佳ちゃんが烏間さんにドミネーターを向け。なんてかっこいい女性陣なんだ…!その後の平手打ちも最高にかっこいい。そこが朱ちゃんとの差で喧嘩っ早い美佳ちゃんが好き。けど「完璧なシステムの穴になりかけた~」ってシビュラのこと完璧なシステムって若干崇拝が残ってるのは相変わらずなんだなぁとも。まぁシビュラに疑念を抱いたら色相悪化まっしぐらだろうからそれで正解なんだろうな。

・そろそろ感想終わらないとキリがない
パンフレットでも監督が「ナンバーツーの成長を」って言ってる通り、各々の過去作からの変化が目に見えてわかって。ギノと美佳ちゃんについては先述の通りなんだけど、個人的には雛河君の喋り方の変化におおっ!ってなった。おどおどしてない。雛河君も成長してる。成長に焦点を当てると見てて面白かった。テーマに置いてるだけあって描かれ方がとても上手で個人的には引っかかりなく楽しく嬉しく見れた。
ただ、ただ、60分短すぎる…!!話としての物足りなさは否めない。うーん、面白いのにあっさり終わってしまう感じ。もったいない。舞台挨拶で「60分超えるとお金かかるんですよ…」(本編59分59秒コンマ〜なんだとか)って監督が言ってて、その手の制約から解き放たれた環境で作ってほしい…と心の底から思った。アニメ1クールでやってほしいし劇場版で2・3時間やってほしい。変に着目点盛りだくさんで話がまとまらない(個人的には2期がこれ)のを防ぐって意味では60分で正解なのかもしれないけど、それにしたって劇場版60分は短くもったいなさすぎた…。

待望のPSYCHO-PASS新作、初見の熱冷めぬままのまとまらない感想でした。
ムビチケ分見に行くときはもう少し落ち着いて色んなところを見たい。


スポンサーサイト
PSYCHO-PASS | 【2019-01-26(Sat) 00:24:54】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。