FC2ブログ
プロフィール

霄

Author:霄
女、成人
Twitter:@sooo_ra

since 2012.03.09
カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
銀座伊東屋 インクイベント
たまにはおたくごと以外の話も。
たまにはっていうかいつ以来ですかね、おたく事以外の話書くの(苦笑)
星野先生のInstagramがきっかけで万年筆に興味を持って買うに至り、そこからはまぁ着々と好きが深まっていき。
何を血迷ったのか色彩雫のミニボトル一式そろえちゃったり。(楽しい)
会社ではパイロットのキャップレス万年筆デシモを愛用してます。キャップレス超便利。
そんな今日この頃、銀座伊東屋でインクイベントが開催される(されている)と。


ということで、銀座伊東屋で開催中のインクイベントに行ってきました。
結論から言うと、最高に楽しかったです!!
写真がないからわかりにくいですが、部屋の端から端まで並べられたガラス棚にインクが何個も何個のびっしり乗っていて、そんな棚が3列もあるんですよ。
サイトの紹介分を見ると約1000種と。
それだけの数のインクをいちいち店員さんに許可を得る必要もなく、好きな順番で好きな数だけ、何から何まで好きなように試筆ができる。最高に楽しかったです。
気付いたら3時間くらいいたんですけどね。一通り試筆したいな~なんて思ってたんですけど全然時間足りなかったです、全部は試筆できませんでした…(悔)
ink1
試筆はこんな冊子とペンを渡されるので、あとは気の赴くままに試筆を楽しむのみ!
自前のノートを持ってきてる人ももちろんいましたよ。
いつも自分が使ってる紙に書きたいって人はそれを持参してインクノート作ったらいいんじゃないでしょうか!楽しそう!

ink2
ここぞとばかりにずっと気になってたダイアミンのラメ入りインクを試しまくって(笑)
しかし綺麗にラメを拾うの難しいですね。
どんなペンで描くのが1番綺麗なんだろう。つけペンより万年筆?太字の万年筆が1番ですかね。
しかし万年筆にラメ入り吸わせるのはちょっとほっとくとすぐラメが詰まりそうでなかなか勇気がいるという…。
でもいいなぁラメ入りインク。相性のいいペンが見つかったら欲しい。
ちなみにダイアミンのラメインク試筆し終わったら手がひどいことになってました…図工の授業後の小学生の手かな?って(苦笑)
ラメ入りは書く前に瓶を振ってラメを撹拌しないといけないので蓋が閉まってるんですが(他のは蓋が外されててそもそも蓋が置いてない)、蓋回りがインクで濡れ塗れで大変なことになってたり大半の瓶の蓋が完全に閉まってなかったので、明日以降はどうかわかりませんが要注意です…。
当日中は再入場が可能なので一旦お手洗いで手を洗いインクを落とし、さて気を取り直して残りたくさんのインクへ。

基本的に彩度低めの色が好きなのでKWZInkどれもいいなー全体的に好きなインク屋だーって認知したり。
万年筆インクでも今は香り付きなんてのもあって、L'Artisan Pastellierのオレンジピーチがすごくいい香りでした。買うか悩んだ。
そう、試筆の瓶が置いてあるガラス棚、下段には販売用のボトルが置いてあるんですよ…。
試筆して気に入ったら買う分をすぐ手に取れるんですよね…商売上手…(笑)
そして私が購入した(試筆で終わるはずがなかった)インクがこちら。
ink4 ink5
1つは言わずと知れたペリカンのハイライター。ずっと前から欲しかったやつ。これめちゃくちゃ楽しいインクですね。
さっき彩度低い色が好きって書きましたけどこれは別(笑)
書いてて笑いたくなってくるくらい蛍光ペッカーーーー☆☆って発色で最高です。
もう1つは日本初上陸らしい、藍濃道具屋(レンノンツールバー)という台湾のインク。
ここのインクがねー、どの色もすごく綺麗だったんですよ。好きです。ここのインクは全部色名までメモしました。
ink6 ink7
字が下手なのはご愛嬌…自分のあれこれを客観的に見るのがものすごく苦手です…ぐえぇ…。
1番最初に書いた水色が絶妙な薄さで、濃淡がすごく綺麗に出て感動しちゃいました。そして買った(笑)
青・緑に強いインク屋なんですかね?今は紅一点と目立っている柿色もいい色だったので他のカラーバリエーションが出てくるのを期待してます。

インクの試筆が楽しかったのともう1つ、へぇなるほど!と思ったのが試筆用のペン。
つけペンの軸に万年筆のペン先を挿してるんですよ。
コンバーターにインク吸わせるほどでもない書き物で色んなインクを使いたい時に万年筆をつけペンぽく使えたらいいのになーとは前々から思ってたんですが、万年筆、つけペンにしちゃえばよかったんですね(笑)
と思って、帰宅して手持ちのカクノを分解。
ink8
そして何故か持っているつけペン軸(漫画用のペン先で文字書けないか試した時期があった)にカクノのペン先を挿す。
ink9
あら簡単、完成!!
だがしかし。ペン先がEFなのがまずかったのか、ペン先がインクを吸えど紙に降りてこない!
ink10
見てくださいこの悲しい筆跡…見えますか…(苦笑)
「すまん、無理、てへぺろ☆」とペン先があざ笑っているかのようだ…。
伊東屋のはストレスなくインク吸って描けたのになぁ。何がいけないんだろう。やっぱり太さだろうか。
ということで今回は大人しくガラスペンでちょいちょいと。
ink11
いやガラスペンあるならつけペンいらないじゃん!ってつっこまれそうですが(笑)
ガラスペンより細い字幅で書きたくて…ごにょごにょ…
けどまぁインクの濃淡を楽しむなら絶対太字ですよね。贅沢にインクをとっぷりと。
実用性の細字か、趣味性の太字か。永遠の悩みでしょうね…(苦笑)

というわけで銀座伊東屋のインクイベント「INK.Ink.ink!」でした。
お持ち帰りで貰えた品々。
ink12
左下のは万年筆のお掃除紙スイト。有名なやつですね。これを貰えたのは嬉しい。
(大きな声では言えないけどこれ自らは買わない…ので…ティッシュとか古いハンカチとか使っちゃうし…)
実は試筆用ノートも神戸派工場製みたいなので(裏表紙にロゴがある)、入場料500円で約1000色のインクを好きなだけ試筆できていい紙のお土産も貰えて、とてもお得なイベントなのでは…?いやお得でした!
とても楽しかったです…!!


スポンサーサイト


未分類 | 【2018-09-22(Sat) 02:34:12】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する