プロフィール

霄

Author:霄
女、成人
Twitter:@sooo_ra

since 2012.03.09
カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
Dグレ220夜巻頭カラーのラビについて
やっぱり感想でちらっと書いたら止まらなくなったので別記事で書きましょう、ラビについて。

よし、書き終わった。投稿しよう。
となって、改めて文章の全体を見てみたら予想外に長かったので続きを読むにしまいました(苦笑)
びっくりしました。こんなに長くなるはずじゃ…(苦笑)
特に内容があるわけじゃないんですが、ラビについて思いをぶちまけた文章を読んでくださる心優しい方は続きを読むからどうぞ。


クラウン秋号でDグレが巻頭カラーだとわかって、何の絵が巻頭カラーにくるんだ?先生のInstagramに投稿されてたあのラビとブックマンのカラー絵か!?と、楽しみと緊張で生きた心地がしない日々を過ごし。
そうしてるうちにSQ.公式サイトでDグレ担当さんの日記連載が始まり。
(http://jumpsq.shueisha.co.jp/contents/sq_crown2/blog1.html)
そしてまさかの第3回で巻頭カラーの1部がお披露目され。
(http://jumpsq.shueisha.co.jp/contents/sq_crown2/blog3.html)
これが公開された時、本当に本当に嬉しくて。
私がこの担当さん日記見たのは職場の席でだったんですけど、思わず涙目になりました。
必死にこらえました。
ツイッターのTLにこのリンクが流れてくるたびに内容わかっててもページ開いてラビを見て涙目になって鼻すすってました。
(良い子の皆さんは職場でこんなことしてちゃいけません)
家に帰って改めてパソコンでこの日記を開いてラビを見て泣きました。
本当にラビが本誌の巻頭カラーにいるんだ、と。
先生のInstagramを知ってから、結構な頻度でラビを描いてくださるので完全なラビ枯渇状態かと言われたらNOです。
けど、本誌に載るってのはやっぱり別なんですよ。
本編にいるかはこの日記を見た当時はまだわからなかったですが、それでも、巻頭カラーにラビがいるとわかっただけで。
10/16になったら巻頭カラーにいるラビが見れる、と思ったら嬉しくて嬉しくて。
220夜の感想日記でも書きましたが、4年ぶりですよ。
ノアに囚われてから1年半本編で出番なし、そのまま休載2年半を挟んでしまい。
4年間ラビがいなかったんです。
最近はまぁInstagramで幸せすぎるぐらいにラビを見れてますが…。
本誌に4年ぶりにラビが現れたんです。
それもあんなかっこいいラビが…!
髪の色がただただ綺麗。あんなに明るい赤に近い色って珍しくないですか。綺麗だなぁ…。
眼帯の紐が2本なのは今のラビではもう固定なんですね。
私の中では眼帯の紐2本=ディックのイメージだったので、何か意味があるのかと思ってたのですが、アレン達の衣装が変わったようにラビの眼帯の紐も2本に変わったんだろうな、と思っておきます。
そしてこのラビの目ですよ…口元は口角がかろうじて上がってますけど、目が全く笑ってない。
ていうかハイライトが入ってないから目に光がないんですよ…目が冷たいラビ…。
ううぅ…かっこいい、かっこいいけどやっぱり笑ってほしい;;
けど笑顔のラビは先生のInstagramで補充させてもらってるのでわがまま言いません。
本編進行中のラビは今はこうなんですよね。ラビ…;;
このラビは教団でのラビというよりも本職のブックマンJr.に近い表情なのかなぁと思いました。
満点の笑顔にへらっとしたラビも、こういう冷めたようなラビも、大好きです。
幼少期に色んなことをたくさんのことを見て聞いて学んで、人間に失望し世界を冷観してるのがディックで。
教団に入って仲間を知り感情が芽生え人間らしく苦悩するラビ。
次に登場する時のラビはどんなラビですか。早く本編でラビに会いたい。

この巻頭カラーに関しては、担当さん日記に星野先生がコメントを寄せてくださいましたね。
(http://jumpsq.shueisha.co.jp/contents/sq_crown2/blog7.html)
これ読んだらもうなんていうかお礼の言葉しか出てきません。
ありがとうございます星野先生。
「今回巻頭に懐かしの(笑)ラビがいて」
懐かしの(笑)…って先生!心の中にはいつもラビがいました!4年ぶりでも懐かしくないですよう…。
「久しぶりにカラーでラビを描けたので、とびきりカッコ良く描いてやるぞ!と精力を注いだ」
いやもう本当にありがとうございます。めちゃくちゃかっこいいです。
かっこよすぎて担当さん日記の画像で泣いて、秋号買って実物を手に取って泣きました。
「出来上がったカラーを見た面食いの私の母は『やっぱ神田が一番だね!』と言ってラビにはまったく触れずその場を去ってゆきました。」
お母様…(笑)!いや神田かっこいいですよね、この横顔も何事かと思いましたよ。美人すぎます。
けどラビもちらっとでいいから見てあげてください…!(切実)
「今回母に全く触れてもらえなかったラビですが、彼の表情がいつもの笑顔とはちょっと違うことに気づいていただけたでしょうか。ラビとBOOKMANが今のアレンたちにどう関わってゆくのか、このラビの表情は何なのか、実は彼らはーーーーーーー!?」
はぁぁ…やっぱりかなり意識して表情描かれてますよね…こんな冷めた顔したラビ珍しいですもんね…。
気付きましたとも。気付きましたとも先生…!
刻一刻と、着実に、ラビとブックマンの本編での出番が近づいているんだなということが実感できますね。
喜びと緊張がひっちゃかめっちゃかになってどうにかなりそうです。
次に本編にブックマン師弟が出てくる時はどんな立場で出てくるんでしょうか…ラビは笑ってますか。
Instagramだけでなく、本編でもラビの笑顔が見れたらいいなぁ…。
ラビが大好きです。
巻頭カラーにラビがいてくれて本当に本当に嬉しかったです。

スポンサーサイト
D.Gray-man/星野先生 | 【2015-10-19(Mon) 00:08:26】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。