プロフィール

霄

Author:霄
女、成人
Twitter:@sooo_ra

since 2012.03.09
カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
ジャンプSQ.5月号 D.Gray-man 第213夜 A.Wをたずねて・秘める者
ネタばれ注意!
ジャンプSQ.5月号 D.Gray-man 第213夜 A.Wをたずねて・秘める者

FC2に移転してから初めてのSQ.感想ですね。
初めましての方は初めましてです。
毎月こんな感じで馬鹿みたいに熱く語ってますがよろしくお願いします。

☆センターカラー
誰かなー思ってたらアレンとリンクのツーショット!!
やっぱりリンクの目に光がないのは気になるところですが・・・
リンクについては今回色々明かされます!というかリンクだらけです!
今の団服が赤基調なのと対照に、教団を去ってからのアレンは青が基調なんですかね?
(アレンの帽子(?)を見て某テガミバチを思い浮かべたのは私だけでしょうか・・・)
では、リンク一推しの第213夜感想いきます!毎月のことながら無駄に長いです。本当に長いです。

☆三か月前のリンク
アポクリフォスに殺られかけた三か月前のあの日。
再びリンクが殺られかけたあの場面を見るのは非常に心苦しい。
「“記憶を消されるくらいなら 己らを殺害させてでも痕跡を残そう”ということかな?」
「この状況では誰もが監査官を殺したのはアレンかノアだと思うだろう」
「だがあの男は疑う・・・・・・!すべてに疑いの眼を張り巡らせるマルコム=C=ルベリエ」

アポクリフォスのあのふぁさふぁさ攻撃はどうも苦手です。
眼からあれって・・・ぞわっときます。
「あなたは長官が苦手でおられるようだ・・・“枢機卿”」
不敵に笑うリンクが素敵すぎる。
「我が主『ハート』の御方 はい・・・・・・貴方をお護りしてみせます 必ず・・・・・・」
アポクリフォスが不気味で怖すぎる。

☆目覚めるリンク
ページをめくって「きゃーーーーーーーーーー」とじたばたしたのは私だけでないと信じたい。
髪下ろしたリンクが衝撃的すぎて私の心臓は耐えられませんでした。
(髪下ろしたリンクは初登場なはず・・・多分。)
髪下ろしてる。上半身何も着てない。サービスシーンすぎる。リンクどうした。
・・・はい、深呼吸(すーはー)。落ち着きまして。
アポクリフォスとの件から20日間眠り続け、目覚めたリンク。
そこにはズゥ老師が。場所はズゥ老師が中央勤めだった時に住んでいた館。
「なぜ老師の邸宅にいるんだ!?・・・・・・ダメだ!頭がぼーっとして働かん!!」
悶々とパニック状態に陥るリンクに思わず笑ってしまいました。(にやにやとも言う。)
この頃はまだリンク表情豊かなんですよね・・・。

☆癒闇蛇とリンク
「・・・・・・!?これ・・・・・・」着替える時に自分の胸に刻まれた十字傷に気付くリンク。
と同時に見えたのは幻覚。癒闇蛇の幻覚。
「癒闇蛇」とは。人から人へとり憑き生命の理を乱す忌み忌みし魔術。
ルベリエに嘆願され(第205夜で土下座してましたよね)、
ズゥ老師は自分の命を分けることで死ぬ寸前だったリンクを助けたそう。
そしてその結果、ズゥ老師にとって最期の命となり後に死を迎えることに。
(第210夜で葬儀が行われてましたよね)
「術者の最期の命を分けられた者は次の癒闇蛇の術者となる定めを負わねばならない」
「つまり今や癒し闇蛇は私からおまえに移ったのだ」

なんと・・・!死の傷から救われた代償に、リンクは癒闇蛇の術者を引き継ぐことに・・・。
リンクにとっては唐突すぎる上に重い内容の宣告ですね・・・。
リンクを助けたもののズゥ老師には一抹の疑念が。
『おまえはまた過ちを犯したのではないか?ズゥ・メイ・チャン』
「また」というのはセカンドのことを指すんでしょうね・・・アルマ編・・・・・・。
『マルコムの計画を知り暗い人間の未来に一筋の光がみえた気がした 勝利の光が』
だが。
「救ったつもりだったが・・・・・・私は・・・・・・!まんまとおまえを『14番目』の 「ズゥ老師」
ここでルベリエ登場。何てタイミングのいい時に。絶対外で話聞いてたでしょ。
(何か変わったと思ったら前髪が伸びたんですね、ルベリエ。)
「癒闇蛇のことはもう聞いたかね?」「はっ!!」
このやり取りは相変わらず。病み上がりなのにリンク素晴らしい(苦笑)
「問題は?」「問題はあるかね?」ルベリエの重圧。
流石のリンクも一瞬の戸惑いは隠せませんが「・・・・・・問題ありません!」
リンクの目から光が消えた瞬間です・・・私は泣きたい。

☆これからのリンクの役目
三か月前のあの日のことを報告するリンク。
見たのは覚醒に苦しむアレンと、アレンを迎えにきたノア。
「他には?“何か”見なかったかね・・・・・・?」「・・・・・・いえ ノアだけでした」
あ、アポクリフォスの記憶消されてますね。リンクは誰に殺られかけたと思ってるんだろう。ノアかな。
そして当面必要な装備と金子をリンクに渡すルベリエ。
「もう中央庁に戻るなということでありますか・・・・・・?」
まあそうなりますよね、リンクは死亡したことになっていて葬儀も行われましたから。
「これからは私の為だけの『鴉』として重大な任務にあたって欲しいのですよリンク」
「私は今も昔も長官の為だけの鴉で在るつもりです」

なんだこれ(苦笑)ていうかリンクって何があってリンクだけがここまで特別な存在になったんですかね?
昔何かあったのだろうか。
アレンはノアの手からはなれ14番目への覚醒を止める方法を探しに行ったのだろうこと、
今一人だろうことをリンクに話すルベリエから衝撃発言。
(アレンの話を聞いた時に「私にウォーカーを殺せと・・・?」と少しでも抵抗を覚えたリンクに拍手。)
「ウォーカーなどどうでもいい 彼には助けが必要だ 彼・・・・・・『14番目』には」
おっと。前々から何か知ってる風でしたがここでルベリエが14番目側の人間とはっきりしましたね。
14番目と直接関わりがあったかはわかりませんが。
ルベリエと密約を交わしたクロス元帥から聞いた話によると、
14番目はただのノアではなく、この聖戦で綻んだ「裂け目」。
これを現状の劣勢を覆し勝利するために利用したい。
しかし中央庁の中にもルベリエ以外に14番目を利用しようとしている者がいる・・・らしいです。
「あれは私のものだ だからウォーカーを追い詰め教団から去らせた」
え、どこからどこまでがルベリエの策の範囲内なんでしょう。アポクリフォスが来ることも?
「私の黒き羽・・・・・・あなたは『14番目』を“何者から”も守り抜きなさい」
「『14番目』の協力者に成り済まし密かに奴の信頼を得て監視するのです 何があっても離れることはなりません」

“何者”っていうのが誰を指すのかは微妙なところですが・・・そう上手くいくものでしょうか。
でも何があっても離れるな=これはしばらくアレンの傍で行動し続けるということで期待していいんですかね?

☆リンク合流
回想終了。前話の「で?いつからストーカーしてんだよ? ルベリエの番犬」に戻ります。
お互い喧嘩腰の神田とリンクが最高です。会話がツンツンしすぎて最高。
(でもリンクは本当はこうじゃないはず・・・!)
「なんで死んだフリなんてしてる?」うん、直球ですね。神田。
「・・・逃げたのですよ (中略) 私は“鴉”だ 失敗った者がどんな末路となるかキミなら想像できるでしょう?」
「今ではウィーカーと同じ・・・・・・・・・追われる身ですよ」
「信じられねぇな おまえらは“神”のためなら何だって捧げる 心も体も命すらな」
「とくにおまえまルベリエに媚び諂う重度の病人だ」

次ですよ。次の神田の言葉が問題です。
「おまえの任務がモヤシの暗殺なら今ここで斬る あいつを殺すのは俺だ」
ぎゃーーー何言ってるのこの人!どうしたの神田!このページ読んだ時心臓止まるかと思いました・・・(笑)
でもルベリエにはああ言われるもリンクはリンクで思うことはやっぱりあるわけなんですよね。
「救いたい人がいる」
「もし彼が・・・アレン・ウォーカーが本当に宿主の運命から打ち勝つことができるのなら・・・
人がもし心ひとつでどんな未来も選び取れるというならば それを成せる根源が何なのか 私はそれが知りたい」

救いたい人・・・というのはやっぱりサードたちのことですよね・・・。
この言葉からリンクは様子を見つつという限定付きではあるかもしれないけれど、
アレンの力になってくれると思っていいのでしょうか・・・。
いや、リンクですから。きっとなってくれるはず・・・だと信じてます。
アレンが目覚めて、死んだと聞かされたリンクと対面した時のアレンの反応を早く見たい(笑)

☆アレン
アレンはまだ眠ってます。夢を見ながら。
夢で流れる歌は方舟でピアノを弾いた時のあの歌。
一体何を意味する夢なのか・・・。

・・・あーーーーー終わった、やっと感想書き終わった・・・長かった・・・。
何だかいつも以上に長い気がします。
最初と最後以外見事にリンクで埋まった第213夜でした。
最後までお付き合いいただきありがとうございました。
次は19日発売のSQ.19での番外編ですね!あー楽しみっ!!

スポンサーサイト


D.Gray-man/星野先生 | 【2012-04-06(Fri) 04:28:31】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。